Home > 清掃施工事例 > エアコンクリーニング > エアコンの水漏れ対策・修理
業界最安値に挑戦中!

エアコンの水漏れ

エアコンの水漏れの画像
エアコンのクーラー(冷房)運転時は、結露により大量の水が生じます。
パワーの小さい家庭用のエアコンでも、一日に何リットルもの結露水が排出されます。

通常、この水はエアコン内部の排水装置により屋外へ排出されるため、室内で水漏れや水滴の飛散を起こす事はありません。
しかしこの排水装置は、ちょっとした軽微な原因によって不具合を起こしてしまう、比較的デリケートなものです。
そして、何らかの不具合を生じて排水の処理能力低下や異常結露・異常流出などが起こると、室内機や配管などから水漏れや水滴の飛散を起こすようになってしまいます。

エアコンの水漏れ原因の例

エアコン水漏れ原因 - 排水ポンプの詰まりの画像

排水ポンプの詰まり

ホコリやスライム(菌の塊)をポンプが吸い込んで排水の処理能力が低下すると、ドレンパン(排水の受け皿)から水が溢れ出てエアコン室内機から水が滴るようになります。
業務用エアコンで多い水漏れの原因です。
エアコン水漏れ原因 - ドレン管(排水パイプ)の詰まりの画像

排水パイプの詰まり

屋外の排出口から虫や砂が入り込む事があり、これらが詰まって排水不良を起こすと、パイプの途中や室内機から水漏れを起こすようになります。
エアコン水漏れ原因 - ドレン管(排水パイプ・ホース)不良の画像

ドレン管(排水パイプ・ホース)不良

ドレン管(排水パイプ・ホース)が圧迫されたり衝撃が加わったりすると、角度(傾斜)、内径、接合部などが変形して排水能力が低下し、不具合箇所や室内機から水漏れする事があります。
エアコン水漏れ原因 - ガス不足・ガス漏れの画像

ガス不足・ガス漏れ

エアコンのガス(冷媒)が不足するとガス管内部の圧力が下がり、熱交換器の一部分が極端に冷える(0度以下になる)現象が起こります。
すると、その箇所に空気中の水分が集中して氷の塊ができ、そこを伝って水が流れて室内機など異常箇所から水漏れを起こします。

※ガス漏れは、計器で測れないほどゆっくりと漏れる「スローリーク現象」により、気付かないうちにガス不足が生じる事が多いです。
エアコン水漏れ原因 - 冷え過ぎ現象の画像

異常冷却-1

フィルターなど吸気部品がホコリで目詰まりを起こすと、エアコン内部で空気が流れる速度が遅くなります。
すると、空気が熱交換器に触れる時間が通常よりも長くなるため、異常に冷却されて結露水の量が多くなり、排水能力を超過して室内機から水漏れを起こす事があります。
エアコン水漏れ原因 - 水滴が飛び散る画像

異常冷却-2

左記「異常冷却-1」の理由でエアコン内部の温度が低下し過ぎると、吹き出し口や内部側面などといった異常箇所で結露水が生じ、水滴が風で飛び散るという事が起こる場合があります。
エアコン水漏れ原因 - パイプの緩みの画像

パイプの緩み

家庭用の壁掛けエアコンは、排水パイプの接合部分がホースを差し込んだだけの構造となっているため、自然と緩んで水漏れを起こす事がとても多くあります。
エアコン水漏れ原因 - 経年劣化の画像

経年劣化

経年劣化で部品のヒビ割れ・欠けや、接合不良などが起こると、劣化箇所から水が染みだして水漏れする事があります。
エアコン水漏れ原因 - 排水ポンプ強制停止の画像

排水ポンプ強制停止

エアコンの機種(主に業務用エアコン)によっては、センサー不良やエラーなど何らかの異常を自動検知すると、ドレン(排水)ポンプが強制停止するものがあり、それに気付かずに冷房運転を続けると排水が溢れて水漏れを起こしてしまいます。

エアコンの水漏れ修理・対策の例

弊社は清掃業者のため 修理のみのご依頼にはお応えできません ので、ご了承下さい。
弊社ではクリーニングを行ったうえで不具合が確認された場合、および部品の劣化により今後に故障が予見される場合などにのみ、補修や修理を行っております。
お客様が見て明らかな不具合(動作不良や水漏れ等)を確認できる場合は、クリーニング業者ではなく製造メーカーへ修理依頼をされることをお勧めいたします。
(メーカーならば保守部品やサービスマニュアルのストックがあるので、最も速く確実です。)

1,原因特定

症状や室内機および排水系統を一通り調査して、水漏れの原因が何処にあるかを特定します。

2,お掃除、分解洗浄

ほとんどの場合、お掃除によって詰まりの解消と排水効率を改善すれば、水漏れは直ります。

3,修理・補修

排水パイプ接合部の劣化や取り付け不良(傾斜不良)など軽微な漏水原因であれば、洗浄当日にその場で修理・補修を行なって水漏れを直す事が出来ます。

※洗浄と修理・補修を行なっても直らない場合

その場合は詰まりなどの軽微な原因ではなく、破損・故障、設備不良、ガス不足などが起こっていますので、右記4・5の修理をご検討いただく事となります。

4,部品交換などの修理

破損や装置の故障が起こっている場合は、洗浄当日にその場で修理することができません。
その場合、後日に交換部品やアッセンブリー装置を取り寄せての修理となります。

5,設備工事など

修理に必要な工事の内容が、弊社では行えないものの場合がございます。その場合は、弊社の協力業者の手配など、できる限りお客様のご要望に添う修理計画をご提案いたします。

ただいま大変混み合っておりますため、お問い合わせへのお返事にお時間がかかる場合がございます。

ACEでは清掃業者様からの業務提携や技術協力のご要望を承っております。
■技術者が足りない
■自社では施工できない
■事業拡大したい

また、技術者や個人事業主の方のご応募も受け付けております。
■工事経験や資格がある!
■新規取引先が欲しい!

どうぞお気軽に弊社へお声をお掛けください!


Copyright (C) ACE Inc. All Rights Reserved.
ページの先頭へ